エナジー光の最大のメリットは通信速度の速さです

エナジー光の最大のメリットは通信速度の速さです

最初に申し上げますが、エナジー光の速度は、他の光回線サービスよりダントツに速いです。
光回線を選択するときは、費用ともども自分の住んでいるところが対象のエリアに入っているかのチェックはもちろんですが、「速度」が重要なのです。

でも「光回線の速度」って、いったい具体的には何の速さなのでしょうか。
「Gbps」とか「Mbps」とかいわれてもいったい何の単位なのか素人にはよくわかりません。
今回の記事では気になる光回線の速度についてわかりやすく解説していきます。

光回線の速度について

そもそも、インターネットに接続するときの速度は、ネットでSNSや動画を楽しむときにサクサク動くかどうかにかかわります。
自分のパソコンやスマホで音楽や動画を見るときに途中で途切れたり止まったりしないかということに関わるので大変重要です。
こうしたことがないように光回線を選ぶときは、まずは速度を見るのが賢い選び方です。
まずは、光回線の速度の単位から解説します。

光回線の速度について

単位:意味

  • kbps:1000bps
  • Mbps:1000kbps=1Mbps
  • Gbps:1000Mbps=1Gbps

「bps」とは「ビッツパーセコンド(bits per second)」の略で1秒間に何ビットのデータを送ることができるかを表した単位です。
1ビットとは「0」か「1」かのどちらかのこと。
たとえば、光がついているときは「1」、消えているときは「0」という取り決めをしておいて素早くつけたり消したりして情報を送信するという原理です。

インターネットに流れるすべてのデータ、文字も画像も、音楽も、動画も回線上ではこの「0」と「1」とで表現されているのです。

半角の英数字の文字数で1秒間に何文字送信できるのかということで比較してみますと、
1kbps・・・半角英数字128文字を1秒間に送る速度
1Mbps・・・半角英数字12万8千文字を1秒間に送る速度
1Gbps・・・半角英数字1億2千8百万文字を1秒間に送る速度ということになります。

これは、400字詰め原稿用紙の32万枚分になります。1Gbpsとは、これが1秒で流れる速さなのです。
ちなみに、エナジー光は最大2Gbpsという破格の速さです。

快適にネットが使える速度の目安

快適にネットが使える速度の目安

普通にネットを楽しむのにはどれくらいの速度が必要なのでしょうか。
実は、それぞれの用途で十分に楽しむための速度の目安があります。

次の通りです。

利用目的:速度

  • 検索、SNS:1~5Mbps
  • 動画:1~25Mbps
  • オンラインゲーム:30~100 Mbps

ほとんどの人は、SNSが主な用途だと考えられますので5Mbpsもあれば大丈夫です。
Youtubeなどの動画は25Mbpsとすこし多めになりますが、どんな光回線でもほぼ大丈夫です。

ところが、オンラインゲームとなりますと、事情は変わります。

大勢の人とネット上で対戦するようなゲームになると回線の速度はかなり重要になってきます。
快適性もそうですが、勝ち負けにも関わってきますので出来るだけ早い回線のサービスにするに越したことはないということになります。

光回線の速度はどのくらい?

よくテレビなどでCMしている一般的な光回線は、最大1Gbpsまでの速度が普通です。
無線の基地局からの電波を使ったインターネットサービスもよく宣伝されていますね。これらサービスは無線を使用するので最大450Mbpsくらいまでしか速度が出ません。

動画を沢山見たり、オンラインゲームを思い切りするのであれば光回線がいいに決まっています。

ただ、常に1Gbpsの速度が出るのかというとそうではありません。
回線というのは車が通る道路と同じで、場所や時間によって混雑することがあるからです。
つねにカタログ上の速度が出るものではないということだけ覚えておきましょう。

エナジー光は最速の光回線

そんな中、エナジー光の速度は2Gbpsです。

今、現在日本にたくさんある光回線サービスの中で最も速度がでるのはいったいどこの回線なのでしょうか。
前の章でご紹介した通りカタログ上の数値と実際に出る速度は違います。
そこで、実際に速い光回線を選ぶには平均速度を調べるのが現実に即した評価の仕方です。

平均速度とは、その回線を使用している人たちが計測した回線速度の計測値の平均です。
これは「みんなのネット回線速度」というサイトで調べることが可能です。

エナジー光の場合はNURO光の回線を使用しますので、これで調べましたら驚きの結果が出ました。
(※これは、直近3ヶ月に計測された76430件の光回線の測定結果を基にランキングを作成しています。:みんなのネット回線速度より引用)

NURO光
下り平均速度: 323.52Mbps 上り平均速度: 310.73Mbps
NURO光は光回線速度ランキングで29番中2位の速度です。
(2020年1月19日現在)

このときの1位はコミュファ光というところなのですが、総じてほかの回線より遅いのに、一人だけ圧倒的に速いデータがあるため平均で1位になってしまっていましたので、本当の平均値だとは申し上げにくいのではないかと思います。

NURO光の場合ほとんどの人が下り200~400Mbpsの速度を出しており文句なしに1位だと言えそうです。
最初で申し上げたことがお分かりいただけたでしょうか。

このように、エナジー光は日本で一番早い光回線サービスであることが客観的に証明されているのです。

まとめ

エナジー光は間違いなく速い

いろいろ書きましたが、光回線は実際に契約して開通した後計測してみないと実際の速さはわかりません。
しかしながら道路と同じで、もともと広くて混みにくいといった特性は最初から持ち合わせています。
そういうものなので、カタログ値やみんなのネット回線速度などでそれ相応の結果が出ているものは「間違いなく速い」と言えるでしょう。

そういった意味からいえば、「エナジー光は間違いなく速い」のです。